収入証明書がなくてもお金は借りられる?






トップページ » 収入証明書がなくてもお金は借りられる?

収入証明書がなくてもお金は借りられる?

キャッシングやカードローンを利用する際には、収入証明書が必要となる場合があります。
収入証明書を提出することによって、自身がどれくらいの収入があるかを金融機関に把握してもらうことができます。
金融機関としても、お金を貸すので必ず回収することができる顧客に貸したいと考えます。
収入証明書がないと、どのくらいの収入があるか把握することができませんので、金融機関側としてもリスクを背負ってしまいます。
収入証明書があることによって、審査が有利になりますが必ずしも必要な訳ではありません。

・収入証明書とは?
審査のときに提出する収入証明書とは、様々な書類の中から選ぶことになります。
「収入証明書」という書類がある訳ではありませんので、注意しておきましょう。
最も手軽に取得することができるのが、源泉徴収票と給与明細です。これらは会社に勤めている方が用意することになる収入証明書ですが、自営業の方は用意することができません。
自営業の方に関しては、課税証明書や確定申告書を用意する必要があります。

・収入証明書が必要な融資の特徴
収入証明書が必要な融資には、ある一定の特徴があります。
それは、収入証明書が必要ない融資に比べて、限度額が高いなど優遇されている部分があるということです。
限度額が高く設定されていますので、高い金額の融資を受けることができます。
また、金利に関しても低く設定されていることが多いので、返済の負担を軽減することができます。

・収入証明書が必要ない融資はある?
結論から言いますと、収入証明書が必要ない融資は数多くあります。
しかし、収入証明書が必要ない融資には条件があります。それは、限度額がそれほど高くないということです。
多くの消費者金融では、収入証明書が必要ない融資は50万円までの借り入れまでなど、限度額がかなり低めに設定されています。
したがって、限度額を少しでもアップしたいと考えているときは、収入証明書の提出が必要になります。
消費者金融では、総量規制と呼ばれる年収の3分の1までの融資に限る制度があります。
したがって、収入証明書なしには高い融資を行うことができません。
収入証明書なしで、高い融資を受けるためには、銀行のカードローンなどを活用するようにしましょう。
銀行は総量規制に関係なく融資を行うことができますので、収入証明書なしの場合も融資に関しても、消費者金融よりも高めの限度額に設定されています。