専業主婦がお金を借りるには?






トップページ » 専業主婦がお金を借りるには?

専業主婦がお金を借りるには?

ある程度収入がある方は、自身で会社を経営している場合などを除いて、住宅ローンや自動車ローン意外ではそれほどお金を借りる機会はありません。
お金を借りる方は、通常の収入が少ない人が多い傾向にあります。
したがって、専業主婦の方の中には、お金を借りたいと思っている方も多いのではないでしょうか。
しかし、お金を借りる際には審査がありますので、個人の収入がない専業主婦は借りにくいという現状があります。
そうすると専業主婦はお金を借りることができないのかと言えば、決してそのようなことはありません。

・総量規制について
現在では、利用者にお金を貸し過ぎないようにするために、総量規制という制度があります。
この総量規制は、収入の3分の1までの金額しか借り入れすることができないという制度です。
例えば、年収が300万円だったとすると、借り入れは100万円までしか利用できないということになります。
したがって、専業主婦は収入がありませんので、総量規制が適用される消費者金融ではお金を借りることができないことになります。
しかし、総量規制が適用される消費者金融であっても、お金を借りる方法はあります。

・配偶者貸付の利用
配偶者貸付とは、配偶者と自身を合わせた収入の3分の1までお金を借りることができる制度です。
配偶者貸付を利用することで、専業主婦でも消費者金融でお金を借りることができます。
しかし、配偶者貸付は手続きが通常よりも面倒なのが難点です。
当然配偶者の同意が必要になりますし、収入証明書は必須です。
源泉徴収票や給与明細など、収入を証明することができる書類の提出と同時に、配偶者との婚姻関係証明書が必要になります。
このような煩雑さから、専業主婦への配偶者貸付を行っていない消費者金融もあります。

・銀行での借り入れ
専業主婦は、総量規制がありますので消費者金融では借りにくいのが現状ですが、銀行は総量規制に関係なく借り入れを利用することができます。
銀行系のカードローンやキャッシングの中には、収入証明書が必要ないものもあります。
限度額は低めに設定されていることが多いですが、収入証明書の提出が必要ないなら、専業主婦でも利用することができます。
また、配偶者を含める家族にバレることなく利用することができるものもあるので、この点が気になる方でも安心して利用できます。
サービスの中には、専業主婦を対象としたものもありますので、そちらを利用すればさらに審査に通りやすくなります。