銀行系カードローンの特徴






トップページ » 銀行系カードローンの特徴

銀行系カードローンの特徴

お金を借りるときには、できるだけ安心して利用することができるところで借りたいと思うものです。
金融機関は様々ありますが、銀行などの固い企業は安定していますので、安心して利用することができます。
その他には信販会社や消費者金融などがありますが、銀行系のカードローンはこれらの金融機関とは違い、様々な特徴があります。
今回は、銀行系カードローンの特徴について説明します。

・金利が低く設定されている
カードローンを利用する際に最も気になるのが、金利がいくらに設定されているかということです。
この金利が高くなっていると、返済の負担が大きくなってしまいます。
銀行系カードローンは、消費者金融のカードローンに比べて、低く設定されています。
したがって、返済の負担も軽減することができるので、経済的な負担を少なくして借り入れが利用できます。

・借り入れ限度額が高めに設定されている
消費者金融のカードローンは、借り入れ限度額が500万円ほどに設定されているので、この金額を超える融資を受けることはできません。
銀行系カードローンは、銀行によっても違いますが500万円から1,000万円ほどの間で借り入れ限度額に設定されているので、大口融資を希望している方でも利用しやすくなっています。

・審査が厳しい
銀行系カードローンは、金利や借り入れ限度額で優遇されている関係上、審査が厳し目となっています。
銀行系カードローンは、しっかりと回収することができるかが判断基準になっているので、ゆとりのある収入の方を対象としています。
収入が少ない方は、審査に通りにくくなっているので、申し込みの際には注意しなければなりません。
・総量規制が適用されない
消費者金融でカードローンを利用すると、総量規制と呼ばれる法律が適用されてしまいます。
これは、年収の3分の1までしか融資を受けることができないという法律です。
消費者金融は貸金業法が適用されますので、この総量規制の対象となってしまいます。
年収が少ない方は、消費者金融でカードローンを利用しようと思っても、限度額が低く設定されてしまい思い通りの金額の借り入れが利用できないことがあります。
銀行系カードローンは、貸金業法ではなく銀行法が適用されます。
したがって、総量規制の対象外となりますので、年収に関係なく借り入れをすることができます。
ですが、銀行系カードローンは審査が厳しいので、年収が低いと利用することができる金額も低くなってしまうことは念頭に置いておきましょう。